ゲストは30人!カメの少人数結婚式準備ブログ

2018年にゲスト30人の少人数結婚式を挙げた私(カメ)が、親族のみや家族のみで行う少人数結婚式の体験談ついてご紹介!これから、少人数の結婚式を挙げようと考えているカップルに向けて、式を挙げるまでの5STEPや費用を抑える7つの方法などの情報をまとめました。素敵な式を挙げれるように、式の準備をしっかり行いましょう。

ゲスト30人!少人数の結婚式の準備ブログ

少人数結婚式のデメリット!ご祝儀が少ないって本当!?

f:id:swallow178:20180510220255p:plain

 少人数での結婚式が人気らしいんだが、デメリットってなんだ?

少人数婚のデメリットを紹介するね!

最近、家族婚や親族婚などの少人数での結婚式が増えています。

新郎新婦の出身地が離れていて、友達を呼ぶのが難しい場合に、親族や親しい人だけを呼んで結婚式をします。

そんな少人数の結婚式ですが、費用が安いなどのメリットがたくさんありますが、デメリットもありますので紹介します。

少人数結婚式のデメリット

f:id:swallow178:20180520012010p:plain

2018年に、ゲスト30人の少人数の結婚式を挙げた私の経験からデメリットをまとめました。

少人数結婚式のデメリット
  1. ご祝儀が少ない
  2. 友達を呼べない
  3. 少人数結婚式ができない会場がある

デメリット1.ご祝儀が少ない

f:id:swallow178:20180506102413p:plain

あれ?少人数婚のメリットで費用がかからないって言ってなかったっけ?

 うん!トータルでかかる金額は少ないけど、貰えるご祝儀も少なくなる傾向があるよ!

 少人数の結婚式だと1家族当たり10万円が平均的なご祝儀です。

30人規模の結婚式で、6家族が来たとすると約60万円集まることになります。1人当たりのご祝儀に計算しなおすと、約2万円です。

一方で、大人数の結婚式の場合だと、1人当たりのご祝儀が平均3万円と言わています。小人数の結婚式は、1人当たりのご祝儀が約1万円少ないのがわかります。

少人数結婚式の自己負担の金額

自己負担の金額はどう変わるの?

結婚式の相場から、計算してみるね!

大人数の結婚式(100人規模)
  • トータルの金額 400〜600万円
  • ご祝儀 300万円
  • 自己負担金 100〜300万円
少人数の結婚式(30人規模)
  • トータルの金額 100〜150万円
  • ご祝儀 60〜75万円
  • 自己負担金 25〜90万円

自己負担金は、少人数の方が安い傾向があるんだな!

結婚式場によって、トータルの金額が変わってくるから、なんとも言えないんだけどね!

あくまでも目安程度にね!

 

 

デメリット2.友人をたくさん呼べない

f:id:swallow178:20180510224357p:plain

結婚式に部活の友達呼びたかったなぁ

そうだね。親族の結婚式には、呼べないね。

高校時代に仲が良かった友達、元アルバイト先の友達など、結婚式に呼びたい人がたくさんいると思います。

しかし、少人数の結婚式だと家族や親族がメインなので、友人を呼びにくいです。

私も親族だけの少人数結婚式を挙げた後に、「あの友達を結婚式に呼びたかったなー」と、ふと思うことがあります。

 友達を呼べないのは、少し寂しいなあ

そうだね。でも、最近では結婚式を身内で行なって、1.5次会を友達を呼んで開く人もいるからね!

1.5次会??? 

1. 1.5次会とは

f:id:swallow178:20180510224728p:plain

1.5次会とは、お披露目のために行う結婚式の披露宴と二次会の中間形式で行われるパーティです。

披露宴ほど形式張らず、二次会ほどくだけたものではないという特徴です。

レストランなどで会費を徴収して行います。

 

 

2. 1.5次会のやり方

友達を呼んで、披露宴みたいな演出をするんだな!

どうやって、やればいいんだ?

1.5次会用の会社があるから、任せるのがおすすめだね!

 1.5次会向けでプロデュースしている代行業者があります。

結婚式場のプランナーと同様に、演出の流れなどの相談に乗ってくれます。

ブライダルフェアのように、無料で打ち合わせをしてくれます。

 結婚式よりも自己負担金が格安だから、驚きだよ!

そうなのか?とりあえず、ホームページを見ればいいんだな!

  • 二次会くん
  • 会費婚

 

 

デメリット3.少人数結婚式ができない会場がある

f:id:swallow178:20180512092236p:plain

 会場によっては、少人数結婚式を受けれていないところがあるからね!

そうなんだ。ゲストの人数を確認しないといけないな。

 結婚式場によっては、最小開催人数が決まっているところがあります。

結婚式を挙げたい会場があるとしても、少人数だと受け付けてくれない場合があるので、気を付けて下さい。

式場選びの際に、私たちはいくつかの結婚式場を訪れましたが、『30人程度はゲストを集めてほしい』という会場が多い印象でした。

気になる結婚式場が見つかったら、ブライダルフェアに参加してみようか!

結婚式場のブライダルフェアに参加

f:id:swallow178:20180506143228p:plain

気になる結婚式場を見つけたら、ブライダルフェアに参加してみましょう。

ブライダルフェアに参加することで、披露宴で出される料理の試食がをしたり、会場やチャペルを見学したり、できます。

なんと、、!?タダでご飯を食べられるのか!

また、結婚式を挙げると想定した大体の金額の見積もりをもらうことができます。

 

 

キャンペーン中の結婚情報サイト

f:id:swallow178:20180521203736p:plain

キャンペーン特典が、魅力的な結婚情報サイトを紹介します。

 

Hanayume(ハナユメ)

f:id:swallow178:20180521094510j:plain

> ハナユメ(HP)を見る

ハナユメは、ローラのCMで話題の結婚情報サイトです。最大100万円が安くなる『ハナユメ割』などの独自プランがあります。ブライダルフェアに参加することで、最大3万円以上の商品券がもらえます。

 

マイナビウエディング

f:id:swallow178:20180521201120j:plain

> マイナビウエディング(HP)を見る

マイナビウエディングは、プレゼント特典が盛りだくさんの結婚情報サイトです。式場探しと指輪探しで、9万円分の商品券がもらえます。また、式場決定 or 指輪購入でTポイントが、最大2万ポイントもらえます。

 

 

 

おわりに - 少人数婚のデメリット -

f:id:swallow178:20180510224357p:plain

 少人数の結婚式を行うデメリットについて紹介しました。

お披露目したい友人がたくさん呼ベないのが、大きなデメリットかもしれません。

ただ、現在では1.5次会が流行っており、安い金額でパーティを開くことができるので、うまく活用していては、いかがでしょうか。