ゲストは30人!カメの少人数結婚式準備ブログ

2018年にゲスト30人の少人数結婚式を挙げた私(カメ)が、親族のみや家族のみで行う少人数結婚式の体験談ついてご紹介!これから、少人数の結婚式を挙げようと考えているカップルに向けて、式を挙げるまでの5STEPや費用を抑える7つの方法などの情報をまとめました。素敵な式を挙げれるように、式の準備をしっかり行いましょう。

ゲスト30人!少人数の結婚式の準備ブログ

結婚式にかかる費用を数十万円以上も安くする【7つの方法を分かりやすく解説】

f:id:swallow178:20180512101728p:plain

結婚式にかかる費用を下げたいんだけど、どうしたらいいんだ?

結婚式にかかる費用は高いからね~

費用を抑えらえる方法を紹介するよ!

「結婚式にかかる費用を少しでも安くしたい!」と考えている方が多いと思います。

そんな方に向けて、わたしたちが結婚式で100万円ていど費用を抑えた方法を紹介します。

人生一度きりの結婚式なので、お色直しや前撮りなど、新郎新婦が結婚式でやりたいと考えていることはプランに加えて、結婚式にかかる費用を抑えましょう!

本文の内容

  • 知らないと損!結婚式の費用を抑える7つの方法

結婚式にかかる費用を数十万円以上も安くする【7つの方法を分かりやすく解説】

f:id:swallow178:20181026182532p:image

結婚式の費用を抑えらえる7つの方法を紹介するよ!

7つのポイント
  1. 見積書(3会場程度)を比較
  2. 結婚式場のキャンペーンを利用
  3. プランナーと値下げ交渉
  4. 自分達で手作りをする
  5. 不必要のオプションを付けない
  6. レンタルせずに安く買う
  7. ハナユメ割を利用する

1 見積もり書(3会場程度)を比較

f:id:swallow178:20181204220629p:image

初めての結婚式だと、結婚式にいくらかかるか想像できないと思います。

まずは、『ゲストを何人呼ぶか』『結婚式でやりたいこと』を決めて、結婚式場で見積書を作ってもらいましょう。

見積書は、式場が開催しているブライダルフェアに参加することで作ってもらえます。

いろいろな結婚式場のブライダルフェアに参加して、見積書を比較しましょう!

ブライダルフェアに参加すれば、見積書がもらえるんだな!

うん!しかも、フェアに参加するだけで、数万円の商品券ももらえるよ!

結婚情報サイトから、フェアに申し込んでみてね!

ブライダルフェアに参加して商品券を貰う方法

2.結婚式場のキャンペーンを利用

f:id:swallow178:20181204220654p:image

結婚式場のキャンペーンの期間中に、ブライダルフェアに参加すると、安くなります。ドレス代無料だったり、チャペル代無料などのキャンペーンをやっています。

ゴールデンウィークやお盆など、長期連休にブライダルフェアに参加するとこがおすすめです。 

気になっている結婚式場では、どのようなキャンペーンをやっているのかを確認しておくことは、大事です。

キャンペーン情報は、基本的に式場のホームページで確認できるよ!

3.式場のプランナーと値下げ交渉

式場のプランナーと相談

式場のプランナーから、見積書をもらったら、この条件で契約するかどうかを聞かれます。

式場からもらった見積書を見ながら『□□結婚式の見積書より安くなるなら、ここにしたい!』『○○万円以下になるなら即決する!』などプランナーの方に値段の相談をすれば、プランナーさんが頑張ってくれることがあります。

プランナーさんも、ブライダルフェアに参加してくれたお客さんを手放したくないはずです。

契約してしまうと、契約後は値下げしてくれないからね!

プランナーと契約する際の注意点

プランナーの方の中には、強引にでも契約を結ぼうとしてくる人もいるので、気を付けて下さい。

『今決めないと、このキャンペーンは使えない』『あっという間に埋めってしまう』など、契約を迫ってきたりします。

プランナーからの押しに負けて、契約してしまうようなことは、絶対にしないでください。

新郎新婦が納得した結婚式場を選ばないと、後で必ず後悔します。

気に入らないところがある場合は、はっきり伝えて断ってね!

 

4.自分達で手作りをする

自力でできるところは自分達でやる

結婚式場と無事に契約することができたら、後は追加でかかる費用をさげる必要があります。

席次表、メニュー表など、自分たちで作ることができます。ネットで「席次表 テンプレート」「招待状 テンプレート」などで調べてみて下さい。

特に少人数の結婚式だと、ゲストの数も少ないので簡単にできます。

テンプレートなんかあるんだ!

パソコンが使えれば、簡単に作ることができるよ! 

5.不必要のオプションを付けない

不必要のオプションを付けない

テーブルに置く花の種類だったり、飲み放題プランだったり、結婚式の費用が増えてしまうオプションがたくさんあります。

たとえば、飲み放題プラン3000円を4000円にアップグレードすることで、飲めるお酒の種類を増やすことができたりします。

もし、30人ゲストがいるとしたら、1人当たり1000円増えるだけで、3万円になってしまいます。

お酒が好きなゲストが多いのなら、アップグレードしてもいいですが、飲まない人が多いのなら、無駄です。

プランナーさんも仕事なので、いろいろ提案してきてくれますが、要らないものは要らないと伝えましょう。

ゲストがお酒を飲まないのに、お酒の種類を増やしても無駄だね。

必要ないオプッションは、しっかり断るべきだな!

6.レンタルせずに安く買う

レンタルせずに安く買う

ブーケやティアラなど、式場が用意してくれたものを使わなくていい場合もあります。

式場で用意してくれたものをレンタルすると、数万円したりと金額が高い場合が多いので、メルカリだったり、ヤフオクで探した方が安上がりで済む時もあります。

実際、私たちもヤフオクやメルカリで『ベール・ティアラ・グローブ・アクセサリー』を買いました。

式場からレンタルするよりも、何万円も安く済ませることができました。

ベールだったり、ティアラだったり、メルカリで安く売ってるよ!

メルカリにアイテムが売ってるのか!?

知らなかったな~

7.ハナユメ割を利用する

f:id:swallow178:20181121191003j:plain

ローラが出演している結婚情報サイト「ハナユメ」のハナユメ割を利用すれば、100万円以上やすくなることがあります。

ハナユメ割を知らずに結婚式場と契約するのは本当にもったいないです。

半年以内に結婚式を挙げようと考えており、気になる結婚式場が「ハナユメ」に掲載されている方は、ハナユメ割を利用することができます。

ハナユメ割の使い方について、わかりやすく解説したので、興味のある方は下記記事を読んでください。 

おわりに -結婚式の費用を抑える7つの方法-

おわりに -結婚式の費用を抑える方法-

結婚式の費用を抑える7つの方法は、以上になります。7つとも簡単にできることなので、ぜひ実践してみて下さい。

中でも「ハナユメ割」は、100万円以上も結婚式の費用が安くなることがあるので、おすすめです。

 
今なら、ハナユメからブライダルフェアを申し込むだけで、数万円分の商品券がもらえます!

今すぐハナユメを利用する ≫