結婚式準備攻略ガイド | お得に・安く挙式を挙げよう

結婚式を挙げることが決まった方へ。 結婚式の準備は何をすればいいか、わからない方が多いのではないでしょうか。 そんな方に、お二人に合った式場の探し方から、結婚式の費用を安く・お得にする方法を紹介します。 結婚式の準備は、流れがわかれば簡単です。

結婚式準備攻略ガイド|お得に・安く挙式を挙げよう

結婚式の費用を値引きする交渉術!誰でもできる4つのポイント

f:id:swallow178:20190319215531p:image

結婚式の費用を値引きしてもらいたいんだけど、

値引きするなら、式場と契約する前に値引き交渉をするのが大事だよ!

結婚式場と値引き交渉ができないと思っている方が多いと思いますが、実は値引き交渉をすることができます。

私も結婚式場と値引き交渉をして、タキシード代を無料にしてもらいました。

式場との契約する前に、やっておくべき4つの交渉術を紹介します。

本文の内容
  • 結婚式の費用を値引きする交渉術!誰でもできる4つのポイント

 

結婚式の費用を値引きする交渉術!誰でもできる4つのポイント

結婚式の費用を値引きする交渉
  1. 予算を低めに伝える
  2. やりたい演出を取りあえず伝える
  3. 他の式場の見積りを伝える
  4. 交渉術でプランナーに負けない

 

1. 予算を低めに伝える

f:id:swallow178:20190306211133p:plain

「結婚式が終わってみると、初回の見積りよりも数十万円高くなっていた」という話をよく耳にすると思います。

実際、ある雑誌によると8割以上の新郎新婦が初回の見積よりも値段が上がったそうです。

初回見積の際に正直に予算を話してしまうと、最終的には予算オーバーになりがちです。

初回見積は、予算を低めにしておいて予算内で見積書を作ってもらおう!

 

2. やりたい演出を取りあえず伝える

f:id:swallow178:20181024222611p:plain

お色直し、ケーキ入刀などやりたい内容は、見積り書の中に入れて作ってもらいましょう。

契約した後に加えると、式場サービスや特典として無料になることはありません。

興味のある内容は、とりあえずプランナーに伝えて、初回の見積り書を作ってもらいましょう。割引してくれるかもしれません。

今回の新郎新婦はオプションをたくさん付けてくれているから、ドリンク代を割引してもいいかなぁ〜となるかもしれません。


 

3. 他の式場の安い見積りを伝える

f:id:swallow178:20190303101038p:plain

本命の式場に行く前に、他の式場で見積り書を作っておきましょう。ここが一番大切です!

「どちらにしようか迷っていて、値段がもう少し安ければ、ココにしたいなぁ」と上手に伝えれば、特典や割引をしてくれる場合があります。

本命の式場の見積よりも安い会場の見積書を用意しておきましょう。

本命の会場は一番はじめに行かないようにしようね!

 

 

4. 交渉術でプランナーに負けない

f:id:swallow178:20180520160815p:plain

見積書を出してくるプランナーは、契約をするのに慣れているプロです。

経験値が違います。『今、契約しないと割引が効かない』『今、契約しないと日にちが埋まる可能性がある』など、契約をすぐに結ぼうとしてきます。

ここで、相手の手に乗ってはいけません。自分達が本当に気に入った結婚式場以外では契約をしないで下さい。

契約してしまうと、キャンセル料として数万円取られることがあります。

 

さいごに 結婚式の費用を値引きする交渉術!誰でもできる4つのポイント

いかがだったでしょうか?

結婚式の費用を値引きする交渉術は以上になります。

結婚式場と契約してしまってからは、値段が下がることは、まずありません。

『理想の結婚式場に近いのか?』と『見積書の値段は妥当なのか?』など考えてみて、満足いく内容だと判断できたら、契約しましょう。